ニュース

银龙知识产权受邀出席2019中国国际商标品牌节 并获评2019年度优秀商标代理机构

2019年7月5日至8日,第十一届中国国际商标品牌节在宁夏银川隆重举行。本届国际商标品牌节由中华商标协会、银川市人民政府及宁夏回族自治区商务厅等单位共同主办,来自国家知识产权局和各地市场监管部门的领导、世界知识产权组织和境外政府知识产权部门的官员、中外知名企业家、经济学家、知识产权学者、代理机构从业人员、媒体记者等近4000人参加了本届国际商标品牌节。银龙知识产权作为中华商标协会理事会员单位受邀参加国际商标品牌节,并派代表出席了本次盛会。

2019年3月、中国では複数の法律及び行政法規を連続的に修正し、知的産権保護を強化する背景において、複数の法規の変化は知的産権の係り、以下の新しい変化が纏めれる。

 一、2019年3月15日、十三期全国人民代表大会第二回会議では、《中華人民共和国外商投資法》が表決して成立し、元の《中外合作経営企業法》、《外資企業法》、《中外合資経営企業法》(すなわち「外資三法」)に代わり、2020年1月1日から施行される。

2019年3月、中国では複数の法律及び行政法規を連続的に修正し、知的産権保護を強化する背景において、複数の法規の変化は知的産権の係り、以下の新しい変化が纏めれる。

 一、2019年3月15日、十三期全国人民代表大会第二回会議では、《中華人民共和国外商投資法》が表決して成立し、元の《中外合作経営企業法》、《外資企業法》、《中外合資経営企業法》(すなわち「外資三法」)に代わり、2020年1月1日から施行される。

中国専利出願における分割出願のタイミング

最近、中国の専利業界では、ある面白い専利事例が話題になっている。その出願日は1995年12月であり、授権公開日は2016年6月29日であり、授権公開番号はCN102841776Bであり、専利権者はインテルコーポレーションである。中国では専利権の存続期間は専利出願日から20年であるため、該事例は専利権の存続期間が満了した後に授権されたものである。

1 / 8